広告代や販促代を節約するなら最適名簿。




名簿で広告代の経費節減

名簿ステーションはマーケティング費用を節約するためにお手伝い致します。

電話下さい。名簿についてご説明致します

MENU

集客のための広告代は名簿で節約できる。

店舗の情報発信となると、よく活用されるのが新聞折り込み広告でしょう。いつも新聞を見た時に入ってくる広告は、不特定多数の方に閲覧してもらえます。そのため
スーパーや衣料品店とか病院や接骨院などの医療関係などは非常に広告の効果(ROI)が高いです。そのため、新聞とか折り込み広告などは広告代がかかっても構わないというのが一般的です。

 

広告の効果が低い

ただ、業務内容によっては、マスマーケティング広告の新聞折り込みやポスティング広告で不特定多数の方に情報を発信しても、ほとんど効果が薄い、ということが頻繁にあるのです。

しかし、このようなマスマーケティングは費用対効果が最悪です。

現在のように情報が氾濫している情報社会では、ユーザーは何を選んで購入すれば良いのか?どのようにすればいいのか?迷ってしまいます。

そこで登場するのがターゲットを絞った名簿業者を活用する直接販売です。

具体的な手法としては、アポイントを取る電話営業やDMの新規販促活動です。

 

たとえば、統計的に1,000人に1人くらいの割合でしか商品購入をしてもらえない、となった時、商品を販売した儲けよりも、広告代のほうが高くなるケースもあるのです。もっと具体的にいうなら、進学塾の情報発信をするのに、子供が少なく小学生が100名程度しかいない地域5,000戸に折り込み広告を出しても、結局反応を示すのは100名なのです。しかも折り込み広告は必ず全戸で見るというわけではありません。


ですから、非常に効率が悪く無駄な費用が多いのです。

 

 

属性を絞る

そのため、どうしても不経済な費用が多すぎます。それよりもダイレクトで、小学生のいる家庭100戸にDMを送ったほうが経費も安くなりますし、反応も違います。このような効率の良い方法で集客することが名簿屋を活用してできるのです。

 

リストを購入して、DMを出すのは費用がかさむ、とはいいますが、業務内容によっては、ターゲットを絞ってアプローチしたほうが、費用がかからないこともあるのです。もちろん、厳選したリストをを購入していただいても、それなりの費用はかかります。それでもデータ料金を差し引いても、十分費用を抑えることも可能なのです。広告代がばかにならない、と感じている方、やり方一つで効果が高くなり、それでいて費用も抑えることができるのですから、是非とも属性を絞って名簿を活用した効率良く広告代を節約できる、マーケティングのアピール戦略に切り替えてみましょう。

 

TOP